皆さんこんにちは!

今回は、オール電化住宅についてお話しようと思います。

 

 

 

オール電化のメリットとデメリットを徹底紹介です。

光熱費以外にもガス併用住宅とどのような違いがあるのか、

詳しく解説していきます。

 

 

 

 

 

 

『オール電化住宅のメリット』

 

まずは、オール電化のメリットのご紹介です。

 

 

● ガス代が0円

当たり前ですが、ガスを使わないので月々のガス代はもちろん

ガスの基本使用料もかかりません。

 

 

● 価格が安い深夜電力を利用出来るため、電気代を節約できる

オール電化は電気代が安い深夜電力を利用するため電気代がお得になります。

 

 

● 震災の際も復旧が早い

地震などの災害時に、電気・ガス・水道の中でも電気の復旧が一番早いとされています。

 

 

● 災害時は給湯器で貯めた水やお湯を生活用水として利用できる

エコキュートや電気温水器の中には貯水タンクがあり、

その水を震災時の生活用水として使用することができます。

※飲用水としては利用できません。

エコキュート等の外部供給部はガスよりも火災に対する安全性が高い。

 

 

● IHクッキングヒーターは炎が発生しない為、身体・衣類等への着火事故を防止出来ます。

※IHクッキングヒーターは炎は出ませんが調理器具に高熱を与えているため、

調理器具が異常加熱した場合発火の危険性はあります。

 

 

● 調理器具のお手入れ(掃除)が楽

一般的なガスコンロより汚れにくくお手入れが楽です。

 

 

● 住宅内に熱源を持たない

ガスのように住宅内に熱源を引き込まないため、

ガス漏れや不完全燃焼での一酸化炭素中毒の心配がありません。

 

 

● 室内空気が汚れない

ガスの場合二酸化炭素を増幅させますが、IHクッキングヒーターは室内空気を汚しません。

 

 

 

『オール電化住宅のデメリット』

 

 

 

 

次に、オール電化のデメリットをご紹介します。

 

オール電化のデメリットは以下のようになります。

 

● 昼間の電気代が高くなる

オール電化住宅向けの料金プランは、

深夜電力をより安く提供する代わりに昼間の電気代は高額に設定されています。

 

 

● 調理器具(鍋)が限定される

IHクッキングヒーターではIH用の調理器具しか利用できないため、

ガスに比べて使える調理器具は限定されてしまいます。

 

 

● 停電時に困る

ガスと電気を利用している一般住宅に比べ、

停電してしまうと何もできなくなってしまう心配があります。

 

 

● 設置コストが高額

オール電化住宅は設置費用が高額です。

 

 

● 調理時の火力への不満

IHクッキングヒーターは直接炎が出ないため、調理時に不満を覚える方もいます。

 

 

● 子どもの教育に良くないと感じる人も

身近に火が存在しなくなることで、子どもに

「火は危険なものなんだよ」ということを教えることが出来ず、
教育上よくないという声も上がっています。

 

 

● 貯湯タンク設置スペースの確保

敷地内にエコキュートなど電気温水器の設置スペースの確保が必要となります。

 

 

● 衛生面の問題

オール電化住宅の温水器はタンクに貯水するので、

タンクに貯水されたお湯はそのまま飲用水にはできず、
一度沸騰させなければなりません。

ガス給湯器の場合はその場で湯を沸かすためそのまま飲用できます。

 

 

● IHクッキングヒーターの電磁波問題

IHクッキングヒーターを使用した際の電磁波が正式に人体に無害であるという

通達はまだ出ておらず、

電磁波の人体への影響が指摘、問題視されている例もあります。

 

 

 

 

上記のオール電化のメリットとデメリットを検証せずに、

 

光熱費が安くなりそうとの理由でオール電化にしてしまった方が多いそうです。

 

その結果

 

ライフスタイルに合わない為に電気代が2倍~になったといった事例もあるようです。

 

 

 

 

ですが、

 

太陽光発電システムが付いている新築住宅でご夫婦共稼ぎでお子さんが学校に行き

 

昼間の電気をあまり使用しないような状況の場合は、昼間の高い電気を使用しない為に

 

オール電化のメリットが高く、電気代が20%削減された事例も有ります。

 

 

 

 

その為、快適ハウスの想家工房では、お施主様がライフスタイルに合わせて

 

セレクトしやすい様に標準仕様からオール電化は、外しております。

 

 

 

 

状況により、得できるのか損してしまうのか家族構成やライフスタイルで違います。

 

しっかりと検討して、損ををしない家づくりをしましょう!

 

This entry was posted in . Bookmark the permalink.