日本住宅新聞を読んでおりましたら、

温暖化が続いている日本の猛暑の現状が乗っておりまして、

熱中症の発生個所数についても記載されていました。

 

住宅建築に関係する技術、新工法、システム、商品の紹介から実務で欠かせない法律の動きなどを、工務店向けに分かりやすく解説。連載「私の工務店経営」は1000回を超えている。

 

そこでなんと最も熱中症が発生した場所がなんと

 

「家の中」

 

だったのです!

 

特に高齢の方が家の中だと安心ということで、熱中症にかかってしまいやすく

一人暮らしの場合も多いので発見が遅れることも多いそうです。

 

昨今の日本の夏は、場所によっては40度以上となり

熱中症対策が必須な異常な状態です。

 

外出する時は気がけて水分も小まめにとるかと思います。

ですが家の中では・・?

 

家の中にいても夏は毎日熱中症のことを考え、

水分をとり、体温を調節することは非常に大事です。

 

 

蒸し暑く熱中症リスクが高い家と

そうでない家を比べた時にあなたならどちらの家に住みたいですか?

 

そして快適な家にするには、どこをこだわればよいのか

その答えも載っておりました

 

 

やはり高気密・高断熱ですね

 

断熱性能についてはそれなりの物を使用し、きちんと施工すれば問題

ありません。

 

では気密については?

 

気密は家の隙間のことでして、この製品を使ったから気密がこれだけ

確保されますといったものではありません。

 

人の手で家を造る以上、かならず検査が必要です。

 

その検査をしないとどのレベルで気密が確保されているか分からないからです。

 

 

想家工房の注文住宅では全棟気密検査をしてお引渡しをしております。

想家工房の気密についてはコチラ

 

きちんと隙間が無く気密がとれた家では、熱暖房の効率も良く

光熱費も抑えらえ体にもお財布にも優しい住宅となります。

 

これから住宅を考えられている皆様、

快適なお家を目指されているご家族は

ぜひ一度「気密」にも目を向けていただくことを

お勧めいたします。

 

 

This entry was posted in . Bookmark the permalink.