こんばんは!

最近、49インチのテレビを買った現場監督の古賀です!

 

今回は養生テープのことについてお話したいと思います。

養生テープというのは、手で簡単に切れやすく、ガムテープよりも粘着力が弱いという性質を持っております。

 

では、粘着力が弱いのになぜ恐ろしいのかご説明していきたいと思います。

 

養生材で床材を保護するときに養生材が動かないように養生テープで固定するのですが、

この時に使用するのは養生テープは一番粘着力の弱いやつでないといけないのです。

 

なぜなら、常時日の当たるところの養生テープは粘着力を強めて床材の表面を剥がしてしまいます(-_-;)

 

 

これが養生テープを剥がしているときに起きた時の写真です。

一番弱いテープを使っておらず、床材が無垢の床材でしたので、さらに表面が剥げやすかったのです。

補修屋さんに頼み、この傷は補修してもらいましたが、養生テープ1つにしても気を付けないとこのような悲劇が待っております。

今日は以前起きた養生テープの悲劇についてお伝えしました。

明日は、ショールームに行きますので、そのことについてお書きできたらと思います。

それでは!

 

This entry was posted in . Bookmark the permalink.