今日は基山モデルハウスの木のぬくもりを感じられる「木壁」について紹介します!

 

 

上の写真はテレビを設置予定の、LDKメイン壁面です。

通常の内壁とは違い、表面に木材を使用することで、触れた時の肌触りや木のぬくもり、見た目にも心安らぐ空間に仕上がります。(木壁「モクカベ」)

 

 

さらにこの木壁(モクカベ)はウッドデッキが設置される外壁部分まで伸びています。

内壁にあたる木(モク)が外壁まで伸びることで、見た目上のLDKの広さが広がり解放感が生まれます。

(もちろん雨ざらしにならないように、サッシで内側と外側は区切られています)

 

 

木壁は年月を重ねるにつれて色合いが変化していきます。

ご家族がこれまで生活して重ねた年月と同じだけ、いろんな表情が見れるので、

住んでいただいた先のメンテナンスも楽しみですね!

 

それではまた次回!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

This entry was posted in . Bookmark the permalink.