皆さんこんばんは!

2月16日といえば東京気象台が日本初の天気図を作成したみたいですね!

 

今日は、タイトルの通りアンカーボルトとホールダウンアンカーボルトについてお話したいと思います。

名前ほとんど変わらないけど何が違うの?と思う方がおられると思います。

まず、アンカーボルトというのは基礎と土台を固定させる金物になります。

そしてホールダウンアンカーボルトというのは、基礎と柱を固定させる金物になります。

 

地震等で土台が基礎から外れた場合、一気にお家が崩壊します。そんなことにならないためにも

アンカーボルトを入れて土台と基礎を固定します。

 

台風などで風が強いとき風は下から上に建物を引っ張り上げる力があります。

そうなったとき、柱が土台からすぽんと抜けたらこれまたお家が崩壊してしまします。

ですので、柱が抜けないようにするためにもホールダウンアンカーボルトを使用するのです。

柱といっても全部の柱に使用するわけではございません。構造計算をしてこの柱には入れた方がよいと計算上で

出てくるので、そこに使用していくのです。

 

金物にはいろいろな種類があり、長さや形、耐久度も違ってくるので適した金物を選らんでいかなければいけませんね!

 

それではまた次回!

 

This entry was posted in . Bookmark the permalink.