こんにちは!

 

先週構造見学会を行いました大牟田市上陽町の平屋。

ヒトとネコの平屋暮らしの気密測定結果をご報告します!

 

結果発表の前にここでもう一度気密測定のお話です。

気密測定とはどういうものかというと

住宅の「隙間の量」を計測する検査のことです。

 

つまりこの数値が低ければ低いほど、家にある隙間が

少ないということになります。

 

そして隙間の数値を扱う単位を「C値」と言い、この数値が低ければ低いほど、

家にある隙間が少ないということになります。

 

計算方法は「相当隙間面積」を「延床面積」で割ることで算出することが出来ます。

 

ちなみに気密性が高いと言われるコンクリート造の新築マンションは、

平均して「C値1.0程度」だと言われています。

通常の木造住宅が1.5~2.0程度なので、気密性は高いですね。

 

 

そして今回の物件のC値は・・・

 

 

 

 

C値「0.66」でした!

計算方法は「相当隙間面積」を「延床面積」で割るでしたので・・

 

(相当隙間面積)69㎠ ÷ (延べ床面積)103.922

= C値0.66!

 

 

今回の物件も良い数値が出まして、快適な住まいを提供出来そうです^^

ちなみに構造弾劾での測定ですので、まだ外壁や壁紙を張っていない状態での

数値となりますので、完成後の実数値はより高いと予想されます。

 

今現場では外壁工事を行っている段階です。

また進捗状況をお知らせいたします!

 

 

 

~想いを込めた家づくり~

福岡の新築一戸建てなら想家工房(株)

【ZEH住宅】【認定低炭素住宅】【長期優良住宅】

【コンパクトハウス】【パッシブハウス】施工実績有

フリーダイヤル…0800-888-9988

 

This entry was posted in . Bookmark the permalink.