こんにちは。

快適ハウスの想家工房代表の上田辰也です。

 

 

 

 

 

今回は、

 

失敗しない住まいづくり5つの秘訣4つ目です。

 

 

前回3つ目は、

 

毎日の暮らしを楽しく充実した生活を送るために、

 

「夢を実現させる家づくり」をしてくださいとお話しました。

 

 

今日は、4つ目のポイント、

 

【情報】です。

 

 

現代は情報過多の時代です。

 

 

入ってくる情報の中には、間違ったものがたくさんあり

 

何が正しくて何が間違っているのか

わからなくなってしまいます。

 

 

だから、

 

 

取り入れる情報の質を吟味しないといけません。

 

 

情報は自分で選んでいるつもりでも、住宅情報は強制的に入ってきてしまいます。

 

 

折込チラシや新聞広告がそうです。

ネット上でも、検索した内容とは違うものも多く表示されることでしょう。

 

住宅情報誌は、ほとんどが記事のように見せかけた広告です。

 

ですから、

その記事が提灯記事かどうかを見定めなければなりません。

(提灯記事:その記事元を持ち上げるために書かれた記事に対する呼称)

 

 

そして、

 

自分に必要かどうか判断する基準を持たなければいけません。

 

 

全てを取り入れてしまうと頭が混乱して、正しい判断が下せなくなります。

 

 

以前、車の例を出しました。

 

 

スポーツカーにはスポーツカーの特長があるわけです。

 

スピードが出るとか、加速感があるとか。

 

ワンボックスカーは、大勢で遠出が出来るとか、ゆったりした空間だとか。

 

乗用車だったら、乗り心地がいいとか。

 

しかし、

 

 

この全てを満たす車はありません!

 

だから、自分の価値観によって選択する車は違います。

 

 

家も同じです。

 

 

デザイン・性能・間取り全てを抑えて、

すごく安い家!

 

絶対にこのような家は存在しません。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

 

まず、自分は何が欲しいかを知ることです。

 

 

 

そうすれば、情報は必要なものだけを取り入れるようになります。

 

そして、取り入れた情報の質をよく吟味すれば良いんですね。

 

みなさん、情報は質だけではありません。

 

 

取り入れる情報の量も重要です。

 

 

以前、

 

私が30社調べたと言いましたが、圧倒的に少なかったんです。

 

施工区域内に存在する1000件の住宅会社のうち、

 

970社は調べなかったわけですからね。

 

 

 

だから、

 

量も大事なんです。

 

 

 

特に、表に出てこない、

 

自分が知りえない情報をいかに取得するかが問題です。

 

 

 

その中に、大事な情報やお得な情報があります。

 

 

 

だから、

 

取り入れる情報の質と量を良く考えてくださいね。

 

 

 

次回は、5つ目です。

 

では、また!

This entry was posted in . Bookmark the permalink.