こんにちは!

快適ハウス想家工房代表の上田辰也です。

 

 

kiyama-101

 

 

 

今回は、ZEH住宅についてのお話です。

 

 

 

 

昨今の住宅事情を見てみると

 

 

ZEH(ゼッチ)ゼロエネルギー住宅

 

という言葉をよく耳にされた方もいらっしゃると思います。

 

 

 

 

ゼロエネルギー住宅ってなんだろう?と思いつつも

詳しくは分からないという方の為に

 

 

 

 

 

今話題の

 

「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」

 

についてご説明したいと思います。

 

 

 

 

ZEH(ゼッチ)とは、

 

Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の

 

頭文字をとった略称で、年間の一次エネルギー消費量(照明・換気・給湯・空調)

+-(プラスマイナス)0になる住宅を指します。

 

 

 

 

 

 

「ゼロエネルギー住宅」や「ゼッチ」

 

と一般的に呼ばれています。

 

 

 

 

 

 

「ゼロエネルギー住宅」と言っても、

 

エネルギーを全く使わない家って

 

ちょっと想像がつきませんよね。

 

 

プラスマイナス0とは

 

 

 

 

zeh_co2-1_sp

 

zeh_co2-2

 

 

 

 

 

 

省エネをしっかり行うことでエネルギー消費量をできるだけ

 

少なくした上で、

 

それでも、必要となるエネルギー消費量と同じ量のエネルギー

 

自ら生み出すことができる住宅を、

 

ZEHと呼ぶわけです。

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

ZEHには、太陽光発電システムやエネファームなどのような、

 

 

エネルギーを創る設備が必ず設置されているということになります。

 

 

 

 

 

 

エネルギーを効率的に

 

「プラスマイナスゼロ」

 

する為に大切な性能がもう一つあります!

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

「気密性能」です!!

 

 

 

 

 

どんなに断熱材を厚くして高断熱にしても「隙間」が有れば

 

暑さも、寒さも入ってくるので

 

断熱材に多くのお金をかけても

 

隙間が多いと快適な空気がそこから逃げてしまうので

 

冷暖房費が結果、省エネにならず

 

本来のZEHの目的、「プラスマイナスゼロ」に

 

なりにくく、あまり意味が無い事になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

気密の性能を表す数値を『C値』(隙間相当面積)と言います。

 

理想的なC値は、1以下だと言われています。

高気密と言われている昨今のマンション(SRC)も

C値は1程度と言われています。

 

 

 

 

 

 

本当のZEH住宅を建てたいのであれば

 

 

 

C値を、1以下に出来る施工管理力を持った

 

 

 

 

 

 

工務店を探して間違いのないZEH住宅

 

 

マイホームを建てて下さい。

 

 

 

 

住み始めた後、想像以上に光熱費がかかり、

想像していた予算と全く合わない!

という思いをされている方が非常に多いのが現実です。

 

同じ1万円でも

 

住宅ローンで支払う1万円をなんとか節約する為

住宅にかける費用を削減するのか。

それとも快適な住宅を建築し、光熱費を1万円削減するのか。

 

どちらが住み始めた後幸せでしょう?

 

 

快適ハウスの想家工房は、

 

全棟、気密測定検査を実施しております。

最新の気密測定結果はコチラ

 

 

2017年度の

 

平均気密数値『C値』は、0.65でした。

 

 

今回はここまでとしまして、

次回はZEH住宅のお得な建て方をご紹介致します。

This entry was posted in . Bookmark the permalink.