住まいづくりでお困りの方必見
『あなたは家づくりでこんな疑問や
不安をお持ちでは、有りませんか?』

 

業者の数があまりにも多すぎて選べない。
どのように業者を選べばいいかわからない。
信頼できる業者がどこかわからない。
何社か見積りを取っているが、迷って決断できない。

本当に払っていけるのだろうか?
いくら賃りられるのだろうか・・・
家を建てて、ひもじい思いをしたくない・・・
資金計画はいつすればいいのか?

自分にあった不動産屋を、どうやって選べばいいのだろうか・・・
この土地で本当にいいのだろうか・・・
表に出てこない土地はどうやって探せばいいのだろうか・・・
変な土地を売りつけられないだろうか・・・

そんな方々の為に!
みなさん、住まいづくりの正しい手順です。

 

前回の話では、何が問題だったのでしょう?

それは「選択肢が少ないこと」でしたね。
50社比較検討しても、せいぜい0.1%程度です。
みなさん、さらに問題はあります。

それは、情報発信している業者の情報しか入ってこないことです。

 

 

そして、住宅展示場がある会社は、0.5%程度と言われています。
福岡県の人口504.9万人だと、1010社以下ですね。

だから、残りの4,039社は、展示場はおろか見学会を開催したことがない。

また、広告宣伝をしないし営業マンもいない業者です。
でも、みなさん、情報発信してないところに、意外と優秀で信頼のおける業者が

いるんですよ。

 

そして、多くの人は、そんな業者に巡り合うことなく家を建てているんです。

良い業者と巡り合う方法はいずれお話いたします。
では早速、住まいづくりの正しい手順についてお話します。

 

 

まず最初は、「安全な予算を知る」です。

そう、お金をいくら用意できるかを計算することです。

 

その前に、みなさんに知っておいて頂きたいのですが、家を建てる目的です。

実は、家を建てることを目的にすると失敗します。

なぜなら、新居で、自分と家族が将来に渡って健康で楽しい生活を送ることが願いのはずです。

なのに、立派できれいな家が建ったが、切り詰めた生活をしていく中で、夫婦喧嘩が起きたり。

これでは、家を建てた意味がありませんよね。

建てた甲斐が無いといいますか…。

 

だから、一番目は、安全な予算を組むことです。
建てる前よりも生活水準が上がることが理想ですね。
もし、ゆとりある予算を組むことができれば、楽しい生活が送れますよね。

しかし、多くの人は限界の予算を組んでいます。

目一杯、借りれるだけ借りて家を建てています。

だから、一つ歯車が狂うと返済が滞ってくるわけですね。

そうならないために、安全な予算を立てて下さい。

 

住まいづくりの正しい手順の二番目は、自分自身を知ることです。

 

本当に自分が欲しいものは何か?

それを知ることです。

 

 

情報過多の時代です。

「なんか感じがいいな」とか「自分にとって良さそう」…そんな感情に惑わされます。

 

ですから、本当に必要なもの、どうしても欲しいもの、それを自分で知ると言うことですね。
みなさんに本当に必要なものを知る方法は、次回のPart③でお話します。

では、また。

 

 

 

 

 

 

~想いを込めた家づくり~

福岡の新築一戸建てなら、「快適ハウス」想家工房(株)

【ZEH住宅】【認定低炭素住宅】【長期優良住宅】

【コンパクトハウス】【パッシブデザイン住宅】施工実績有

This entry was posted in . Bookmark the permalink.