こんにちは!

最近の棟上げで肌が悲鳴を上げていた

快適ハウスの想家工房代表の上田辰也です。

 

ある程度年を重ねるとこの時期からもう肌がピリピリです。

 

 

みなさん、失敗しない住まいづくり5つの秘訣5つ目です。

 

今日は、5つ目のポイント、

 

 

「相談相手」です。

 

 

 

みなさん、家は大きな買物です。

 

 

 

自分ひとりで決定するのは難しいので、誰かに相談します。

 

その相談相手は、おおまかに言って3つあります。

 

 

 

1つ目は、

 

もちろん建築の「専門家」であるハウスメーカー・工務店・設計事務所などです。

 

 

 

それから

2つ目は、

 

金融機関や自治体など「公の機関」です。

 

 

 

3つ目は、

 

「家を建てた経験のある友人知人」です。

 

 

それぞれ、一長一短あります。

 

 

例えば1つ目の業者である専門家。

 

最も大きな問題は、最初から答えが決まっていることです。

 

それは、

 

私に頼むのが一番いいと言う結論です。

 

他社を勧めることは、まずありません。

 

 

ですから、

 

相談しても他の選択肢がないんですから、相談にならないんです。

 

2つ目の金融機関や自治体。

 

 

これは、

 

第三者で利害関係がないので良さそうに思うんですが、いい加減です。

 

 

何がいい加減かと言うと、責任を持たないことです。

 

 

金融機関はお金を貸す事が目的。

 

自治体は業務として相談に乗っています。

 

例外はありますが、

 

親身になって最後まで責任を持って相談に乗ってくれる人はいません。、

 

 

そして、特定の建設会社についての判断はしません。

 

さらに、彼らは建築のプロじゃないです。

 

 

素人です。

 

 

3つ目の相談相手である友人知人も、

 

2つ目と同じで建築のプロじゃない素人です。

 

 

1回経験したというだけの話。

 

 

特に専門的な知識を持っているわけでもなく、

 

正しい判断が下せたわけでもありません。

 

ほとんどは感情的なもので判断しています。

 

 

「この営業マンは感じが良かった。」

「ここは親切だった。」

そういう基準で決定してるわけです。

 

 

しかも、その人の価値基準での話です。

車の相談に置き換えると、

スポーツカーが欲しい人がスポーツカーを買った人に相談なら、まだ良いです。

 

でもスポーツカーを望んで無い人に、

スポーツカーについての相談は必要ありません。

 

ワンボックスカーが欲しいんだったら、

ワンボックスカーを買った人に相談しなければいけません。

 

 

そうでない人に聞いても、相談にならず正しい判断は下せないわけです。

 

それと同じで各会社が建てる家・家づくりの考え方(ここが重要)にも特色があり、

自分が本当に求めている会社さんかどうかは、自分で見極めるしかないのです。

 

だから、みなさん、

 

 

相談相手を間違えば、悪い結果を招くことになります。

 

 

じゃ、誰に頼めばいいのか?

 

 

それは、このシリーズの最後に話します。

 

 

次回は、

 

「病気とお家の不思議な関係」と言うテーマでお送りします。

 

 

では、また。

This entry was posted in . Bookmark the permalink.