家を新築・リフォームする時、平面図や立面図など多くの図面を                                      見ることになります。                                                             配置図・基礎伏図・電気設備図等など、だけど見る機会が多い                                                           のが、平面図と立面図だと思います。

平面図・立面図って、どんな図面か分かりますか?

(画像はクリックすると拡大します。)

平面図:床面から一定の高さの水平断面を上から見た図面

ご家族のライフスタイルを思い浮かべて、使い勝手はどうか、                                                            家事動線はどうかを確認してくださいね~                                                        また、収納の位置や不足してないかも忘れずにチェック!

立面図:建物の4面を外から見た図面

屋根の形や窓の大きさ・位置などを確認しましょう。

でも、図面を見ても記号がいっぱいで「何を表しているのか、                                      よく分からない」という人もいらっしゃると思います。                                                               そういう私も「よく分からない」一人です。p(・・,*)                                                       そこで、図面記号について調べてみました。

しかし、図面記号ってたくさんあって、とても全て覚えるなんて                                                できそうにありません(> <)

なので、家事や生活の動線・家具等のレイアウトを考える時に                                   役立つ図面記号をピックアップしてみました。

まずは、

どちら側に開くの?外開き?等など確認していきましょうね~                                                      風通し・日当たり、そしてカーテンの事なども考えてチェック                                            していきましょう!(^ー゚)ノ

さて、上記の図面記号を見ていて「あれ?」ってなりませんでした?FIX窓と上げ下げ窓が一緒ですよね!                                                              平面図では、同じなんです。なので設計担当者に確認するか、立面図で確認しないといけませんよ。

次は、です。

開閉方法によって表示が違いますので、どのタイプの扉なのか、開く方向などを確認しましょう。そして、家族の生活スタイルや動線を思い浮かべながらチェックして下さいね!(^ー゚)ノ

最後に、その他

化粧材・構造材ってなんでしょう?                                 化粧材は、床柱などの壁から出て見えている木材の事。                                              構造材は、家の土台や壁の中に隠れている木材の事です。

この他にも図面記号はたくさんあります。(- -;)                                              分からない記号は、設計担当者に確認してくださいね!(*^o^*)