本当に本当に久しぶりのドールハウス日記です。                                          楽しみにしてくださってた方、大変申し訳ございません                                     でした。m(_ _)m

皆様に完成したドールハウスを見ていただけるよう                                    あと少し頑張ります!!! p(^-^)q

今回は正月休みに作成しましたので、正月飾りを                                       作りました。

まず、正月花飾り

おめでたい松から作成します。                                                  太いワイヤーを茶色に着色し、細いグリーンのワイヤーを短く                                   カットし、太いワイヤーに貼り付けていきます。

次は、梅です。

白く着色した樹脂粘土を薄くのばし、皮細工などで使用する型で                                花形にくりぬいていきます。                                                  (樹脂粘土は着色する前も白いんですが、着色しないで乾燥させると薄い                                       黄色?ベージュ?になりますので、必ず白い絵の具で着色します)                                           同じように、赤く着色した樹脂粘土も薄くのばし、くりぬきます。

くりぬいた花びらの中央部分を先が丸くなった細い棒で押して                                 花びらが開いたようにします。                                                  中央部分を爪楊枝などで黄色く着色すれば梅の花が完成!

何しろ小さい花ですので、着色に苦労しました・・・                                       白い梅の花びら部分も黄色くなったので、後で消したり、上から                               白く塗ったりしました。(^ ^;                                                    これをフェイクの枝、もしくは庭に落ちてる枯れ枝にくっつけたら                              完成です。今回は庭の枯れ枝を使用しました。

次に千両を作ります。

緑色に着色した樹脂粘土を薄くのばし、葉っぱの形にカット。                                   赤く着色した樹脂粘土は、小さく球状にします。                                          この小さな赤い玉に細いワイヤーをくっつけたのを何個か                                 作成し一つにまとめます。                                                     その周りに葉っぱをくっつければ完成です。

それらを一つにまとめたのがこれ

ちょっとピンボケしていますね・・・

最後は、鏡餅です。                                                         白く着色した粘土をお餅のように丸めたのを大小2つ作成。                                  その上に、オレンジ色に着色して小さく丸めたものをのせて                            ミカンに見えるようにグリーンの樹脂粘土で小さな葉っぱを                                 作ってくっつけておきます。

完成したのがこれ

私の家では、こんぶやするめも一緒に飾るのですけどね~

これらを全て飾ったのがこちらです。

次に作成したのが照明です。

まず、半透明の太いストローを1㎝の長さにカットします。                                  次に透明ビーズの穴にワイヤーを通し、丸カンもワイヤーに                                 通しておきます。 それを4つ作成します。   

ストローの上部に厚紙でフタを作成し、中央部に穴を開けて                                   おきます。                                                             そして、その穴に透明ビーズ付のワイヤーを通します。    

それを、暑さ2㎜×幅5㎜の板をカットして、十字に接着して                                 茶色く着色した板にくっつけます。

次に十字に接着した木の中央にワイヤーをつっつけて                                  半球状のビーズを通せば照明器具の出来上がり!!

半透明の照明の傘から電球が見えている感じにしました。

いつか将来は本物の電球を使って、部屋に明かりがつくように                                したいです。                                                             その為には、はんだこてを使いこなせるようにならないと!

できた照明は後で天井にくっつけます。外枠とかの関係上。

最後の作業は、外枠と前面のプラ板です。

前面は中が見えて、ほこりが入らないようにしたいので                                 透明のプラスチック板にします。                                                 そのプラ板をはめる外枠は10㎜角の板に溝が彫ってある                                   ものを使用します。                                                        溝は方溝と両溝の2種類があり、DIY店に売っています。

今回はここまで、次回は本当に最後です。

本当か???

(平成25年1月8日)