当然ですが、お金を借りたら払わなければいけません。しかも利子をつけて。そこで今回は毎月の返済負担を軽くする方法の話です。

それは、出費の見直しです。         

 ローンを組む時に、見直しをすると                                          住宅ローンの資金がいくらか                                             捻出できます。                                                     見直し項目は3つあります。

まず、1つは家計です。

毎月の支出がどうかを見直してください。                             その支出は生活に必要なのかどうか?ムダな出費はないか?                と言うのが、生活が豊かになるにつれ、必要だと思わされているものが年々増えてきているんです。

例えば、携帯電話。20年前だと誰も使っていませんでした。                  でも、無くても全然不便に感じなかったのでは。                          では、この携帯電話、月に3000円以上使ってませんか?                    今、携帯電話がないと不便でしょうが、通話料を安くすることはできるのでは。

また、家電なんかがエコで省エネでどうのこうのと言ってますけども、電気代を節約できる方法もあるみたいですから。                                     まずは、家計の支出を見直してください。

次に見直してほしいものは、住宅ローン以外のローンです。

車など色々なローンを組んでますよね。                              それらのローン金利は、住宅ローンよりも高いです。                       それを見直せば安くなる場合があります。ですから、是非ローンを見直してください。

そして3つ目の見直し。これが一番大きいんですけども、                     生命保険の見直しです。

みなさんも、1つは入ってると思います。                                  生命保険を見直すべきなのはなぜか?                                少し前に、住宅ローンを組む時には                            生命保険に入らされるという話をしたと                        思います。では、すでに生命保険に                       入っているなら、余分に入ることになります。                                         生命保険は必要な額だけあれば十分です。                             これが、保険を見直す理由の1つです。

生命保険を見直す2つ目の理由は、保障内容です。                         多くの場合、保障は一定にしています。                                  60歳まで死亡保険金は一定。                                       しかし、この保険金は残された家族に必要なお金です。                        ですから、年とともに必要な金額は、減っていくと思います。                        みなさん、そうじゃないですか?                                    多くの人は、不必要な保険料を払っていることになります。                    ですから、これを見直すことによって、毎月の支払額を                               少なくできます。もし、その分を住宅ローンにまわすなら、                     住宅ローンの支払いが楽になるんじゃないでしょうか。                    だから3つ目の見直しは生命保険です。

と言うことで、住宅ローンを借りるときは、今入ってる保険を見直してくださいね。

今回は、3つの見直しの話でした。          

1、家計の見直し 

2、ローンの見直し 

3、保険の見直し。

これで数万円節約できるかもしれません。                              ですから、みなさん、ぜひ見直しをしてくださいね。

次回は、「建物以外にかかる費用」です。

イラスト:イラストわんパグ http://kids.wanpug.com/