土地選び建物以上に難しいです。                                        なぜなら、同じ土地は一つしかないからです。

ちなみに「選ぶ」「探す」は                          意味が違います。                                  「探す」というのは、辞書では、                        「見つけ出そうとして方々                           見たり歩き回ったり、人に聞いたりする」。                                               「落し物を探す」というふうに使います。                                         では、「選ぶ」の意味です。「多くの中から目的や基準に                             適うものを取り出す」「贈り物を選ぶ」というふうに使います。

みなさん、どうですか?まったく違うでしょう。                                   探すものが何かがわかってないと、見つけられません。                             だから、土地の場合、漠然と探しているうちは見つから                           ないんです。

しかし「選ぶ」という基準であれば、自分のふさわしい土地が                            見つかります。                                                     具体的な土地選びの手順は最後に言いますが、まず目的と                           基準を決めてくださいね。                                            さて、みなさん、今から得する話をしますね。

それも100万円以上得する話です。どうすればいいか?                             結論から言います「値切る」たったこれだけで、安くなります。                          土地の値段は、いくら値切っても良いんです。                                   なぜなら、現物が変わらないからです。安くなっても、まったく                         同じ土地が手に入ります。建物のように値切ったからと言って、                        品質を落とされたり、手抜きされることはありません。                           土地は、同じものが手に入ります。

実際、100万円位は安く出来る事があります。ただ、全ての                                                   土地が安くなる訳ではありません。                                             元の価格が安かったり、条件の                                                 良い土地、人気のある土地等は                                             無理な場合が多いです。                                              ですが、例えば1000万円の土地                                                を購入したい時、100万円の値引                                             き交渉はしてみましょう。                                                              土地の値段は、定価じゃありません。                            あくまでも、売値は、売り主が希望する金額のことですから。                               売値で買うのは損ですよね。                                           ですから、みなさん、目一杯値切って下さい(笑)。

ただ、値切り方があります。それを、今から話しましょう。                             値切り方ですが、買値が、あなたにとって妥当な                                 値段であることを説明してください。                                          ただ単に100万円安くして欲しいでは、なかなか値段は                             下がりません。しかし、現在の年収が400万円で、建築予算は                          2500万円です。そして、建物に最低1600万円必要なので、                          土地代は900万円、これが限界なんです。                                     だから是非、900万円で譲って下さい。900万円であれば                           今すぐ契約します。このように交渉すれば、単に100万円                           引いてと言うより、安くなりやすいです。

重要なことは、理由を設けることです。しかも、相手が納得                           できるような理由、根拠のある理由を示せば良いんです。                           不動産屋と交渉して、1500万円が1300万円になった事                                             もあります。交渉で、200万円安くなった方もいます。                                   遠慮してたらだめです。

まずは、値切ってみて下さい。それは、値切っても土地は                                変わらないからです。                                  言値で買うのは最後、どうしても                            そこが欲しいんなら仕方ないですが。
今回は、土地は探すのではなく選ぶもの                         言う話でした。                              そして、土地は値切らないと損。                                          みなさん、土地の値段は目一杯値切ってくださいね(笑)。

次回は不動産流通と建築条件について話します。