前回、福岡県大野城市若草で新築工事の基礎のことをお伝えしましたが、

お伝えできなかった部分もございましたので、今回はその部分を

お伝えしようと思います。

先ずは、基礎の立上り部分にこのような小さな半月の穴が開いておりますが、

これは水抜き孔と言いまして床下配管などで、万一、漏水などがあった場合、

そこから外部へ排水する為の開口です。

決して、ぶつけて穴が開いたとかではございません。

次に2つほど見える金具は以前紹介しました、基礎の型枠の一部になります。

決して取り外し忘れたとこではございません。

型枠の下の方をしっかりと固定できるようにコンクリートに埋め込んでいるのです。

今回は、言われてみないと気づかないようなところを紹介いたしました。

こんなに目立たないものでも、お家を造るのにとても大事なものばかりなのです。

上棟式まであと5日となりました。

どのようになるか楽しみですね!