福岡県大野城市若草 新築物件の床材を搬入をしました!

床材は無垢の西南桜というもので、明るい床材になります。

1枚の寸法は15×150×1820になってます。1ケース6枚入って

おり、2ケースで約1坪相当になります。

この物件は30坪もありましたので、60箱ものケースを搬入

しました。

無垢材は湿気の多い日は水分を吸収し、乾燥している日は

水分を放出して湿度を一定に保とうとするため、『縮む』

『膨らむ』という性質があるため幅の広い無垢材を床材に

すると反ったりして、床が波をうっていたそうです。幅の

狭い無垢材ですとそこまで反りの影響が出なかったため昔

は幅の狭い無垢材がほとんどだったそうです。

現在では、木材を乾燥させる技術が進歩したため、幅の広い

無垢材でも反りの影響が出にくくなり床材に使えるようにな

ったそうです。

床がほとんど無垢材ですので、どのようになるのか楽しみですね。