今回は久々に福岡県南区の工事状況をお伝えしたいと思います。

先週末から擁壁工事が始まり、今日は擁壁がどのようになっていたのか

見てきました。

この擁壁は一般的にプレキャストコンクリート擁壁と言われております。

プレキャストコンクリート擁壁は加工が容易なシンプルな断面を採用し

徹底した品質管理の下、多くの建設工事現場にて使用されています。

工場で加工されたものをクレーンで設置していきます。

幅は2mですので、2m以上の幅の擁壁を造る場合はこのように並べて、

ボルトで連結していきます。人間の力じゃボルトが全く閉まらないので、

スパナなどでしっかりと固定していきます。

プレキャストを設置した後は土を埋め戻し、埋め戻した土を転圧するのを

繰り返し行います。

次に水抜き穴の下に止水壁を打ち込みます。この止水壁に水が誘導される

ように、裏込めに砕石を投入します。砕石投入後、再び、土の埋め戻しに

なりますが、水抜きがつまらないように、シート等を使用しなければなりません。

これでプレキャストコンクリート擁壁の工事が完了します。