最初にするべきこと、

それはお金をいくら用意できるかを計算することです。

ところで、みなさん、家を建てる目的ですが、                                      家を建てる事を目的にすると失敗します。                           なぜなら、新居で、                                           自分と家族が健康で楽しい生活を送ることが願いのはずです。                      なのに、立派できれいな家が建ったが、切り詰めた生活を                               しなければいけない。                                                   これでは、家を建てた意味がありませんよね。                                                  建てた甲斐が無いといいますか。

だから一番目は、安全な予算を組むことなんです。                             建てる前よりも生活水準が上がる                  ことが理想ですね。                           もし、ゆとりある予算を組むことが                   できれば楽しい生活が送れますよね。                 しかし、多くの人は限界の予算を組んでいます。                              めいっぱい、借りれるだけ借りて家を建てています。                                だから、一つ歯車が狂うと返済が滞ってくるわけですね。                             そうならないために、安全な予算を立てて下さい。

2番目は、自分自身を知ることです。                                                 本当に自分がほしい物は何か?それを知ることです。                                 情報過多の時代です。                                                 「なんか感じがいいな」・「自分にとって良さそう」                                 そんな感情に惑わされます。ですから、                                         本当に必要なもの、どうしても欲しいもの、                                      それを自分で知ると言うことですね。

例えば、車。車の場合ですと、                                   例えば乗用車、ワンボックスカー、                                      スポーツカーなどいろんなタイプが                                         あります。ですから、スポーツカーが                                       欲しい場合は、スポーツカー専門の                                        業者に行きますよね。間違っても、                                          乗用車やワンボックスカーの                                           ところには行きません。                                               でも家の場合は、違うんです。                                                                   ただ家を建てたいと言うことで、                                スポーツカー、乗用車、ワンボックスカー                                 など無差別に行くんです。                                  そして、それを同じ土俵でどれが良いかと                        比較するわけです。                                                用途が違うので、本来は比べられないものですよね。

このように、自分が欲しいものが分からずに行動すると、                               正しい判断ができなくなるんです。                                             業者さんも、お客さんがきたら当然自分の商品を勧めます。                               「あなたは、うちじゃなくAホームのほうが良いですよ」                               なんて、言ってくれません。                                            そうではなくて、「うちに任せてくれれば、あなたの望む家を                             建てて差し上げます」と必ず言います。                                       だから自分が欲しいものを知って、それが得意な業者さんを                          探さなければいけません。

そして、その中から1社に絞るのが正しい方法なんです。                             だから、二番目は、自分の欲しいものを知る、ということですね。                          次は3番目。それは、かなえたい要望に順番をつけることです優先順位ですね。                                  すべてをかなえようとすると、当然予算オーバーになってしまいます。そうならないために、本当に自分に必要なもの、どうしても欲しいもの、その予算配分も、自分で決めないといけないのです。それには、自分の価値観や価値基準を自分で理解していないと決められません。

後ほど詳しく話しますが、予算に影響する重要な要素は                                 4つほどあります。                                                    まず1つ目、それは広さです。広くなればなるほど、                             当然、家の値段は高くなります。                                           2つ目は家に使う建築材料。材料の質、グレードですね。                                良い物や高価なものを使えば当然高くなります。                                 3つ目はデザイン性。かっこよさですね。かっこいい家にしようと思えば思うほど、予算が増えてきます。                                   最後の4つ目は、部屋数ですね。同じ広さでも、部屋数が多いほど、高くつきます。

なぜなら、壁の量は多くなるし、窓やドア、収納なども増えるので                                   高くなります。                                                        予算に影響するものは、広さとグレードとデザイン性と                               部屋数です。                                                  この四つを、全て満たそうとすると当然予算オーバーします。                                   予算を100とすると、何かを優先すると他のものは抑えないと                                 いけません。しかし、全部かなえようとするんです。                                           ですから、100じゃなくて120とか、150とかになって                                     しまうわけです。

例えば、広さを最優先するなら他の3つの要素は残った予算の                            中で配分しなければいけないんです。                                          これが、優先順位を決めるということです。                                                 それから、4番目。それは、正しい選択基準                        と判断基準を身につけることです。                                               例えば、土地を選ぶ場合。確かな判断基準、                           選択基準がないと正しい判断ができません。                        また、それは業者を選ぶ場合でも同じです。この業者選びは最も難しいです。

ですから、業者選びの正しい判断基準を持たなければいけません。以上が、正しい家づくりの手順です。                                               この手順で家づくりをすすめれば、                                       決して後悔することはありません。                                           そして、きっと自分の満足のいく家を建てることができます。

正しい手順をまとめておきますね。                                             まず1番目は、自分の安全な予算を把握することです。                             そして2番目は、自分を知ること。                                         続いて3番目は、優先順位をつけること。                             そして最後は、正しい判断基準と選択基準を持つことです。

次のヒントは、「安全な予算を組むためにはどうすればいいか」です。

イラスト:                                                                       おえかき工房 http://www.ne.jp/asahi/paint-shop/oekaki.co/                                            イラストわんパグ http://kids.wanpug.com/