筑紫野市で新築予定のM.S様邸。                                                     そちらの現場で地縄はりというのを初体験しました。    

「地縄はり」とは工事着工の最初の作業で、建設予定地に                                      縄を張って、設計図どおりに建物の配置を決める作業です。                           

その途中で「345」(さんしご)言われ、ぽかんとした私・・・                                     何のことだろうと思っていたら、【三角形の三辺が「3対4対5」                                     の時、直角三角形になる。】という定理を使って直角を出して                                                                        いくんだそうです。(☆。☆)                                                         むか~し数学で習ったはずなんですが、すっかり忘れて                                                     いました。p(・・,*)

慣れている地盤工事の方と社長とで、あっという間に図面                                                通りに縄が張られていました。 さすがです!d(゚-^*) ♪

私は、言われるがままにメジャーを押さえているだけヾ(- -;)                                 でしたけど、良い経験をさせていただきました。(*^-^)

おかじ~ (2012年6月14日)