人生最大の買い物と言えば?「家でしょう」と、思ってるでしょうが、キャッシュで買う方は別ですが、                                      

実は住宅ローンです。          

多くの方は、住宅ローンで家を                                              建てています。                                               例えば、金利3%で2000万円の                                           お金を借りるとします。そうすると、                                           35年払いでは総額約3200万円                                           払うことになります。要するに、                        2000万円の家を3200万円で買うことになります。                       高いですよね。

本来は2000万円なのに、3200万円払わないと家を建てられない。

でも、支払期間35年を少し短くするだけで総支払額は変わってきます。例えば、30年ににしたとします。そうすると、支払額が200万円少なくなります。総支払額は3000万円。

だから                                                  5年短くするだけで、200万円余計に払わなくてすむ                      ということですね。

毎月の返済額を押さえるには、返済期間を長くすればいいんですが、総支払額は、返済期間が長くなるほど増えてきます。

それから、総支払額に                                                 影響するのは金利です。                                              さきほど、3%で計算                                                 しましたが、これが4%に                                                   なると、35年だと3700万円。                                            先程よりもさらに500万円余分                                          に払うことになりますね。                                                 500万円といえば大金です。500万円あれば高級車が              買えますよね。

システムキッチン、洗面化粧台、システムバス、トイレなども。                            ちなみに、返済期間が30年でも金利4%だと3400万円に                       なります。ですから、                                                   返済期間と金利を十分に検討してくださいね。                    そうすれば、正しい判断が下せます。

さて、住宅ローンを組むときに気をつけて欲しいことが2つあります。1つは業者任せにしないということ。                                                業者とは、ハウスメーカーや住宅メーカーのことです。                              業者は沢山借りてくれたほうが、建物にかけられるので、借りられる努力をします。

「こういう仕様にしたら、割り増しで余分に借りられます」と。                            高耐震、高耐久、省エネとか。そういう、色んなのありますよね。でも、借りたら利子をつけて払わないといけません。                                                ですから、業者任せにしないでくださいね。

それから、もう1つの業者、それは金融機関です。金融機関はお金を貸して利子をもらって会社を運営しています。貸せば貸すほど儲かるわけです。だから、条件さえ整えば貸してくれます。というよりも、返済が確実に取れるという担保があれば、いくらでも貸してくれます。

貸したお金を確実に回収するために、命を担保にとりますよね。                 生命保険に入らないと借りられません。                              こんなの日本だけです。本当にひどい話です。

ですから、住宅ローンを借りる時、建設業者、もしくは金融機関の言いなりにならないでください。                                                幸せになるために家を建てるわけですから、                          住宅ローンだってその観点で考えてください。

では、2つ目の注意点。                                       借りる額は少なく、金利は低いものを、借りる期間は短いほうが               良いです。                                                欲張った無理なプランを立てなければできます。                        誰だって家は大きくて豪華なほうが良いわけです。                             でもそのために、毎日の生活がひもじいものになったのでは、                      楽しくありません。

毎日の生活を楽しむための家、それを忘れないで下さいね。

安全な予算を組むには、将来に渡る                                           ライフプランを立てる必要があります。                                                     将来どれだけの収入があり、                                         出費はいくらか?                                               それを、年度毎に書き出してください。                                           そうすれば、その年の収支のバランスが                                     どうかがわかります。

もし、マイナスになるなら、その年は資金不足になるわけです。それらを全部書き出した上で、安全な予算を組んでください。                                    細かいことはファイナルシャルプランナーに相談してください。                   通常、専門家にお願いすると費用がかかります。

しかし、保険会社や金融機関にはこの資格を持っている人たちが居ます。あなたが入っている生命保険会社、もしくは取引のある金融機関の人に相談して下さい。                     その人にお願いすれば無料です。

人生最大の買い物は家ではなく住宅ローン。                            金利と期間を考慮すれば100万円単位で節約できます。                      また、業者任せにしないこと。                                     毎日の生活を楽しむことが家を建てる目的ですからね。                 みなさん、それを忘れないでくださいね。

次のヒントは、「3つの見直しで節約」です。

イラスト:イラストわんパグ http://kids.wanpug.com/