光と風を最大限に活用した、環境にやさしい省エネ住宅です。バルコニー、ルーバーなどの設備や、気候、地域性による窓の設置、設計の工夫がその役目を果たします。自然を取り込むことが、結果的に家全体に心地よい開放感と居心地をを確保します。また、スタイリッシュな外観もこのデザイン設計の特徴のひとつです。

設備機器を充実させるのではなく、躯体の形状設計に工夫を凝らし、さらに断熱・気密性を高めることで、光や風といった自然の力を最大限に活用する省エネハウスです。

例えば日射角度を考慮した庇や庇の代わりとなるバルコニーの採用、地域ごとの風向き・気候を利用する窓の設置等があり、一般的なスマートハウスよりも、よりエネルギー効率が高く”燃費のいい家”です。

詳しいコンセプトや写真は、コチラ をご覧ください。