―家づくりにはいったいどれだけの資金が必要なのか―

家づくりを始めようと思ったとき、まず最初に気になるのはお金のことではないでしょうか?

ほとんどの人にとって家づくりは初めての経験です。

実際にかかる費用はいくらだろう?
自己資金はどれくらい必要なんだろう?
住宅ローン?
税金?

などなど、分からないことだらけだと思います。

だからと言って、家づくりをあきらめないで下さい!

家づくりとは大きな買い物ですので、お客様にあった正確な資金計画が必要になります。

家づくりにまつわる2つのポイントとは?

 

■ ポイント1「家づくりに必要な資金」

・土地の費用
→ 土地代、登記費用、税金、仲介手数料
・家づくりの費用
→ 本体・工事費(解体費・地盤改良工事費・外構工事費・給排水など)、設計料
・その他費用
→ ローン諸経費、火災保険、登記費用、税金、引越費、仮住まい費用

 

■ ポイント2「家づくりの資金調達」

 

・自己資金
→ お客様がご用意できる資金のことです。快適ハウス想家工房では自己資金がなくても住宅ローンを組める方法があるんです!
・住宅ローン
→ 銀行などから借り入れをする資金のことです。現在、住宅ローンは数千種類もあり、どれを選ぶかによっても返済金額が大きく上下します。

もし、「資金計画で失敗したくない」とお考えのあなたは、随時開催している「資金セミナー」にご参加ください!

フリーコール 0800-888-9988 よりご予約を!

きっと、お役に立てると思います。