こんにちは!

福岡市南区の新築物件の構造見学会が今週の土・日に開催致しますが、

現在はどのような状態になっているのか、ご紹介したいと思います。

現在、大工さんが床材を貼られています。2階の床材は全部貼られており、

1階はこれからというところでした。見学会の時には全部貼られている状態に

なっていると思います。

柱と柱の間にボードが貼られておりますが、これはパーティクルボード(ノボパン)

と言われるもので、耐力壁に使用します。

耐力壁とは、建築物において、地震や風風などの水平荷重(横からの力)に抵抗する

能力をもつ壁のこと。そうではない壁(構造的に固定されていない壁)は非耐力壁と呼び、

木造建築物においては、耐力壁に似ているが、固定方法が不完全で抵抗力の

低い壁(間仕切壁など)を準耐力壁と呼びます。

見学会では、このパーティクルボードに吹付断熱が吹き付けてある状態になっております。

お家の構造が気になる方は、ぜひ見学会にお越しください。

 

 

~想いを込めた家づくり~

福岡の新築一戸建てなら想家工房(株)

【ZEH住宅】【認定低炭素住宅】【長期優良住宅】

【コンパクトハウス】【パッシブハウス】施工実績有

フリーダイヤル…0800-888-9988